メニュー

学生の日誌

酪農学園大学・食品加工研究センター視察研修(7月18日)

2019年7月19日

本日の午前中は酪農学園大学の酪農生産ステーションの視察に行きました。

2班に分かれ、一方は酪農学園大学の成り立ちや概要について説明を受け、もう片方は酪農生産ステーションをそれぞれ研修しました。

酪農生産ステーションではフリーストール牛舎、自動搾乳システム牛舎、繋ぎ飼い牛舎を見学しましたが、初めて乳牛を近くで見た学生も多かったと思います。

 

午後からは、北海道立食品加工研究センターに行きました。

北海道の農畜水産食品の加工技術に係わる試験研究について研修しました。

 

火災消防訓練(7月16日)

7月16日の午後からは、JAカレッジの火災消防訓練でした、学生達は自衛消防隊の恵北寮地区のメンバーとして参加しました。

江別市消防署大麻出張所の協力・指導のもと避難訓練や消火訓練を実施しました。

 

報徳講義(夏季)

2019年7月17日

7月16日(火)午前中、一般財団法人 北海道報徳社の柴田浩一郎講師による「報徳講義」を実施しました。

参加型の講義で、笑顔がこぼれます。

 

共済の「済」という字は「助ける」という意味だそうです。(協同組合の原点です)

最後は北海道の開拓の歴史をパワーポイントを活用して説明して頂きました。(今よりもっと熊がいただろうな)

「報徳」という、あまり馴染みのない言葉でしたが、「今だけ、金だけ、自分だけ」の逆を心がければいいことだけは理解しました。身近なことから行動を起こすことも大事であり、シーズン真っ盛りの夏の高校野球予選中ですので、兵庫県の報徳学園の動向にも注目したいと思います。(甲子園本大会では勿論、北海道代表を応援します)

        ~報徳学園野球部HPより~

12月に第二弾が予定されていますので、続編が楽しみです。

北農連本所野球大会

2019年7月10日

7月6日(土) 夏本番を思わせる快晴の下、第62回北農連本所野球大会が野幌総合運動公園野球場で開催されました。JAカレッジチームは投打の歯車が噛み合い優勝し、見事にV4を達成しました。

JAカレッジチームが誇る投手三本柱

         絶対的エースの塩入稜太(最優秀選手賞)

        投打二刀流の菅井翔也(打撃賞)

             準決勝戦で唯一人の完封勝利の井下拓弥

             V4を達成し、歓喜の瞬間

        優勝記念写真

       前日からV4を確信し、メチャ喜ぶ林龍汰監督(勝利監督賞)

JAカレッジに入学してからたった3か月で見事なチームワークを発揮して栄冠を掴みました。応援して頂いた皆様方に感謝します。

なお、大会開催要領に基づき、全道大会への出場権はありませんが、出場されるホクレンチームのご活躍を祈念いたします。

農業実習

2019年7月5日

JAカレッジでは授業の一環で農業実習があります。

ゼミごとに分かれて農作物を育てています。

ネットを張るのも初めてのメンバーが集まったゼミは若干苦戦しています。

水やり当番もみな真面目にやっているため順調に育っているようです。

収穫物第一号はラディッシュでした。おいしくいただきました。

次ページへ »