メニュー

学生の日誌

道内視察研修(10月28日)

10月28日に学校(江別市)から比較的近い所にある農業関係施設を視察研修しました。

例年であれば、2泊3日で実施していましたが、本年は新型コロナウイルスの関係で日帰りで行いました。

午前中にJAびばいの米の乾燥調製施設と貯蔵施設を視察し、昼食は岩見沢市内のホテルでいただきました。午後からは、ホクレン肥料空知工場を視察しました。

JAびばいでは初めに、案内していただくJA職員に挨拶をしました。米麦課の小山係長と古賀主任です。

二つの班に分かれて説明していただきました。

こちらは、乾燥調整施設の「らいす工房びばい」です。

玄米貯蔵施設の「雪蔵工房」にはまだ雪が入っていませんが、環境にやさしい施設であることを学びました。

終わりに、学生を代表して自治会副会長の石原優斗さんからお礼の挨拶をしました。

 

岩見沢市内のホテルで昼食を頂きました。

午後からはホクレン肥料空知工場の視察です。

空知工場に着く頃には雨が降り出してきて、視察中ずっと降っていました。

雨の中対応して下さった、営業推進課の松井課長はじめ工場の方々ありがとうございます。

ここでは、4班に分かれて視察しました。

土壌分析センターです。

工場の原料貯蔵投入口です。

雨のため若干予定の時間を過ぎましたが、無事本日の視察研修が終了しました。

学生にとって実際の施設を見学し、説明を聞き、質疑をするなど良い学びの機会となったと思います。

校舎近隣ゴミ拾い(10月8日)

10月8日(金)の午後から校舎近隣ゴミ拾いを行いました。

新型コロナの緊急事態宣言も解除となり、野外活動も少しは行えるようになりました。

本日の実施時の気温は約19℃、天候は晴れでした。風も無く思った以上に暖かでした。

春に行った時よりもゴミは少なかったですが、タバコの吸い殻や空き缶のポイ捨てが多く、学生たちもあきれていました。ポイ捨ては止めましょう。

学生の皆さんご苦労様でした。

 

ICT農業視察研修(10月7日)

最新のICTなどを活用したスマート農業をホクレン農業総合研究所の長沼研究農場にいき学びました。

新型コロナの影響により、午前(1クラス)と午後(2クラス)に分けて視察しました。

初めに、ロボット・AI・ICTなどの先端技術を活用した農業、省力化に向けた自動化・ロボット化の具体例について説明を受けました。

会議室で説明を受けた後は、屋外で自動操舵トラクターと農薬散布ドローンに分かれて説明を受け、実演を見ました。

また、自動操舵トラクターでは全員が試乗を体験しました。

先端技術の導入に当たっては、若い人の知識や経験が必要とされますので、学生には今後ともスマート農業の技術を学ぶことを期待したいと思います。

頑張ってください。

 

フォークリフト運転技能講習(9月18日~21日)

9月18日(土)から21日(火)までの4日間でフォークリフト運転技能講習を実施しました。

学生37名(内女子10名)が講習を受けました。

1日目は学科で講習後に当日試験があり、全員無事合格することが出来、実技へ進むことが出来ました。

2日目から4日目までは実技講習で4日目の終わりには、実技試験がありました。

実技の講習期間中は、学生の日頃の行いが良いのか天候にも恵まれ順調に進みました。

 

フォークリフトの運転に慣れるのに苦労した学生もいましたが、進むにつれ上手に操作することが出来るようになりました。

実技講習の終わりには、実技試験がありました。

学生の皆さん、ご苦労様でした。

 

第52期生 オリエンテーリングを開催(7月29日)

7月29日、第52期生のオリエンテーリングが開催されました。
前日の毒物劇物取扱者試験までの約2週間、学校に缶詰め状態で試験対策を行ったため久しぶりの屋外活動です。
オリエンテーリングはゼミ単位でチームを編成し、野幌森林公園内に設けた5ヵ所のチェックポイントをまわり学校に戻ってくる10kmを超えるコースです。

時おり小雨がぱらつく天気の元、各チームは指示される次のチェックポイントを目指し地図とコンパスを頼りに野幌森林公園内を巡り、無事に全チームがゴールインしました。

第3チェックポイントにて

大西ゼミ

高井ゼミ

高橋ゼミ

後藤ゼミ

渡部ゼミ

小刀禰ゼミ

 

最終順位は、1位渡部ゼミ、以下大西ゼミ、小刀禰ゼミ、高橋ゼミ、後藤ゼミ、高井ゼミの順でした。

昼食後の表彰式では各チームに賞品が授与され、全員に参加賞のアイスクリームが配られました。

 

次ページへ »