メニュー

学生の日誌

社会奉仕活動(ゴミ拾い)11月6日

2020年11月9日

社会奉仕活動(ゴミ拾い)は毎年春と秋の2回開催していますが。今年は春は新型コロナの関係で中止となり、初めてのゴミ拾いです。雪も降ろうかという季節となり、寒い日が続いていましたが、当日は少し寒さも緩んでいました。

住宅街の庭に居た住民の方から「ご苦労様です」との声もかけて頂き、学生達もやりがいを感じていました。

 

 

フォークリフト運転技能講習(10月7日~10日)

2020年10月23日

10月7日(水)~10日(土)の4日間、朝8時から夕方5時30分までびっちり学科と実技の講習を受け、それぞれの試験に臨みました。

1日目は学科の講習で終了後に試験がありました。見事に全員優秀な成績で合格しました。

2日目~4日目までは実技の講習です。4日目の講習が終わると、実技の試験となります。

今回は43名の男子と2名の女子が講習を受け、全員が合格しました。

途中若干の雨が降ることもありましたが、皆真剣に頑張っていました。

それぞれJAに入組しフォークリフトを操作するときは十分事故には気をつけることを願います。

道内視察研修(9月30日~10月2日)

2020年10月7日

JAの営農指導事業、販売事業、付加価値向上対策、経営基盤強化対策などについて先進的な取り組みと成果を学ぶことにより、より実践的で多角的な知識の向上を図る事を目的に、道内の農協・農協連の施設で研修しました。

《1日目》

●JAふらの本所  ●ふらのマルシェ(直売所) ●VC(真空予冷)センター

《2日目》

●JA士幌町(農協記念館) ●博物館網走監獄

《3日目》

●オホーツクビーンズファクトリー

 

JAふらの本所では広域合併の経過とその成果や現在の課題について研修しました。

JAふらの本所近くのホテルのレストランでご当地グルメのオムカレーを頂きました。

JAふらのが運営しているふらのマルシェ(直売所)を視察しました。ソフトクリームがかなり美味しかったようです。

1日目の午後からはVC(真空予冷)センターを中心に玉ねぎの貯蔵庫等について研修しました。

JA士幌町では農協記念館でJA士幌町の付加価値向上への取組等の説明を受け、記念館を視察しました。

博物館網走監獄では、北海道の開拓における網走監獄の果たした役割等について研修しました。

オホーツクビーンズファクトリーではオホーツク管内14農協における協同組合間協同による付加価値の向上への取組について研修しました。

 

無事研修を終えて学校に戻ってきましたが、各人それぞれの思いで、研修に臨み、成果を上げたことと思います。

ゼミ対抗インディアカ大会(2020年9月15日)

2020年9月23日

9月15日、ゼミ対抗のインディアカ大会が開催されました。

インディアカは、バドミントンのシャトルのように羽がついたボールをネット越しにやり取りするバレーボールに似たスポーツです。

最初は慣れないルールやインディアカボールに戸惑う場面もありましたが、慣れるにしたがって白熱した試合が続きました。

そして決勝戦は的野ゼミ対高井ゼミ。
終了後の焼肉で牛肉をかけた決勝戦は1点を争う好ゲームとなり、的野ゼミが優勝しました。
おめでとうございます!

 

 

優勝 的野ゼミ

 

準優勝 高井ゼミ

 

第三位 小刀禰ゼミ

 

第四位 渡部ゼミ

 

第五位 大西ゼミ

 

第六位 高橋ゼミ

 

大会終了後の焼肉懇親会

成績が上位チームには牛カルビの賞品付き!

 

 

後期授業開始(2020年9月14日)

2020年9月16日

JA実習を挟んだ夏休みが終わり、後期の始業式がおこなわれました。

午後からは最後の農業実習で、自分たちが育てたジャガイモ、枝豆、スイートコーンなどを収穫しました。
今年は新型コロナウイルスにより植え付けが遅れたため、何年かぶりに生徒たちが収穫することができました。これまでは、ジャガイモや枝豆は学生がいない夏休み中に収穫適期となってしまい先生が収穫することが多かったそうです。

収穫された枝豆とスイートコーンはすぐにゆでてもらい夕食に、ジャガイモやニンジンは翌日の昼食に豚汁にしてもらいおいしくいただきました。

 

 

 

 

« 前ページへ次ページへ »