メニュー

学校案内

理事長挨拶

理事長・校長本校は1921年(大正10年)に、北海道が地域農業振興を図るため、産業組合の実務者を養成する目的で開設した「北海道産業講習所」を起源とし、これまで歴史と伝統を受け継ぎ、多くの優秀な心材を輩出してきました。
その後、幾多の変遷を経て、1970年(昭和45年)に北海道からJAグループに運営が移管され、名称を「北海道農業協同組合学校」に変更し、現在に至っています。
本校は、教育理念に「はつらつ」とした人材育成、教育目標には「積極性」「協調性」「使命感」を掲げ、地域農業・地域社会、そして、JAを担う人材の養成に努めております。
本校の学生は教育理念・教育目標に基づき、農業・JAに関する専門的知識の習得、JAで必要な資格の取得や農業・JA実習など実践的なカリキュラムとコミュニケーション力など社会人基礎力を高めることを目指しています。
卒業後は、学生はJAから即戦力として期待され、将来の幹部候補生として嘱望されています。

教育理念

「はつらつ」とした人材育成を目指す。

「はつらつ」とは生き生きした、元気のよさをあらわしています。
教育理念「はつらつ」に基づき”積極性”、”協調性”に富み、”使命感”に燃えた人間形成教育が進められています。

主な沿革

1921年(大正10年) 北海道が「北海道産業講習所」を開設
1942年(昭和17年) 「北海道庁協同組合講習所」に改称
1949年(昭和24年) 「北海道立農業協同組合講習所」に改称
1963年(昭和38年) 「北海道立農業協同組合学校」に改称
1970年(昭和45年) 「北海道からJAグループに運営が移管「北海道農業協同組合学校」に改称
1972年(昭和47年) 財団法人として運営
1992年(平成4年) 「JAカレッジ」を愛称に決定
2007年(平成19年) 男女共学制をスタート
2013年(平成25年) 一般財団法人として運営, 耐震工事完了

JAカレッジは、農協運動の担い手を育成し、学生を募集し将来のJA幹部職員を目指す者を養成するため、全道のJAグループの資金拠出により運営されているJAグループ北海道の教育センターです。1921年(大正10年)、北海道が「北海道産業講習所」を開設して以来、90余年の歴史と伝統を誇り、卒業生は5,000人(1970年のJA移管後、2,700人)を超え、現在、JAなどで約1,700人が活躍しています。