メニュー

研修会トピックス

研修トピック(令和3年10月実施分)

10月は8研修(うちオンライン研修1件)を行い136名に参加いただきました。その中から4つの研修について、概要を紹介します。

9月末に緊急事態宣言が解除され、新規のコロナ感染者が二桁台で推移する状況でありましたが、8月以降初めて(7月下旬の「財務管理実務研修」以来)の集合研修を開催しました。

受講生の皆さんが安心して学ぶことが出来るように、本校では従前からの感染防止対策を継続しています。引き続き、受講者の皆さんのご協力をお願いいたします。

 

<10月に開催した8研修>

         ( 研修名  )                            ( 開催期間 )       ( 受講者数 )

1.若年層職員(2回目)Web       4日(月)~6日(水)         21名

2.営農指導員養成          6日(水)~8日(金)       27名

3.課長Ⅰ(2回目)           13日(水)~15日(金)        28名

4.農業経営診断士フォローアップ  13日(水)~15日(金)         7名

5.新採用職員フォローアップ    18日(月)~20日(水)      24名

6.農協簿記            20日(水)~22日(金)        4名

7.生命共済審査員養成       25日(水)~27日(水)        5名

8.人材育成基礎          25日(水)~29日(金)      20名

 

<若年層職員(2回目)オンライン>

当初5月に1回目を計画していましたが、コロナ禍のため12月に延期となっており、実質的には今年度初めての若年層職員研修会です。

㈱日本マンパワーの山内講師より、ポジティブ思考による自らのモチベーション向上方法を学びました。

受講者からは次のとおり感想が寄せられました。

「自己分析、モチベーションの上げ方などを学ぶことができた。」

「(オンラインではあったが)グループメンバーが適宜変わり、多くの人との交流があった。」

「社会人の心構えやマナーをあらためて確認できた。」

「スマート農業など、今後の農業情勢に興味を覚えた。」

「他の受講者の苦労話や成功談が聞けて参考になった。」

 

<新採用職員フォローアップ>

入組後2年目の職員を受講対象に開催し、主に、日本経営協会の松前講師から「折れない心、立ち直る力」を学びました。

受講者からは次のとおり感想が寄せられました。

「自分の苦手なコミュニケーションについて気づきがあった。」

「グループワークにより、他JA職員との交流ができた。」

【写真】グループワークで意見交換

<生命共済審査員養成>

JA共済連の講師から、引受審査と支払査定に必要な知識を学び、資格取得のための準備に取り組みました。

受講者からは次のとおり感想が寄せられました。

「ビデオの途中で、講師から解説があり理解しやすかった。」

「ロールプレーイングでは、窓口対応での課題を確認できた。」

 

<人材育成基礎> 

JA職員として、総合的な業務知識を習得することを目的に、農協運動論、協同組合論、各事業論などを学び、最終日は総合討議により研修を振り返りました。

受講者からは次のとおり感想が寄せられました。

「総合討議で、多くのJA職員と交流が出来た。」

「JAの事業・歴史などにつき知ることができた。職員としてのこれからについて考えさせられた。」

「短期間(5日)はよかったが、夜講は少し疲労を感じた。」

【写真】最終日、総合討議で研修を振り返る受講生

以上

研修トピックス(令和3年9月実施分)

研修トピックス(令和3年9月実施)

JAカレッジでは、8月27日からの緊急事態宣言のもとで、9月には7つの研修をオンラインで実施しましたので、以下にその概要をご紹介します。

1.実施した研修

研修名 開催期間 受講者数
貸出管理回収の法務と実務(Web) 令和3年9月1日~3日 36名
中堅層職員Ⅱ(第2回)(Web) 令和3年9月6日~8日 29名
係長(第2回)(Web) 令和3年9月8日~10日 34名
部長(Web) 令和3年9月13日~14日 26名
中堅層職員Ⅰ(第2回)(Web) 令和3年9月15日~17日 27名
メンタルヘルス・マネジメント(Web) 令和3年9月27日~28日 5名
内部監査担当初任者(Web) 令和3年9月28日~30日 16名

 

(1)貸出管理回収の法務と実務(Web)

<研修のねらい>

貸出管理回収業務に必要な専門的知識の習得と事例を通じて具体的な対応力を習得する。

<受講者の感想>

・回収業務は一度聞いても理解が難しいので、機会があればまた参加したい

写真はWeb研修会場(講師は鎮西弁護士:左)

 (2)中堅層職員Ⅱ(第2回)(Web)

<研修のねらい>

 部下・後輩の主体性を引き出し、仕事を前向きに取り組めるよう支援する力を養う。

<受講者の感想>

・とても有意義な研修だった。部下や同僚、上司との会話、相談、指導にコーチング研修で学んだことを実践して  いきたい。

・初めてのWeb研修で当初は話し方など戸惑いもあったが徐々に慣れた。今後受講する仲間に気を付ける点などを 伝えたい。

(3)係長(第2回)(Web)

<研修のねらい>

  現場の当たり前に着目して、埋没している「問題」を複眼的思考により発見し、定性調査によりその重要性 検証する力を養う。

<受講者の感想>

・コロナ感染対策が万全になりましたらJAカレッジで研修を受けたいです。

・良い研修会でした。個人的にはもう少し色んな人とグループ討議したかったなと思いました。

 

(4)部長(Web)

<研修のねらい>

 「力強い農業」「豊かな魅力ある農村」の実現に向けて、組織の方向性を示し、周囲を導いていくための考え方や実践する力を養う。

<受講者の感想>

・Web研修でも、有意義であった。

・広い見識の必要性を理解した。

・日々、目先の仕事で精いっぱいも、将来を見据え広い視野で考えることの大切さを改めて感じた.

 

(5)中堅層職員Ⅰ(第2回)(Web)

 <研修のねらい>

基本的な論理的思考を学び、その応用として文書作成や発話での相手へ伝える力を養う。

<受講者の感想>

・講師の小林先生の話し方、雰囲気がとてもよく、こちらに理解しやすいよう考えて頂いていたのだと思います。ありがとうございました。

・小林講師のお話がすごくわかりやすかったです。初めてのWeb研修でしたが、楽しく過ごせました。

写真はWeb研修会場(講師は産能大の小林先生)

(6)メンタルヘルス・マネジメント(Web)

<研修のねらい>

今、あらゆる組織でストレス等が原因で、休職者や離職者が増えて、労務管理上の大きな問題となっています。本研修では、職場におけるメンタルヘルスを促進するためにもっとも重要な役割を果たす管理者・監督者による「ラインケア」の方法を具体的な事例をベースに実践的に学びます。

<受講者の感想>

・部下のメンタルヘルスケアについて、論理的に学べた。

・受講人数が少なかったので、逆に親近感をもって受講できた。次回は集合研修で参加したい。

(7)内部監査担当初任者(Web)

<研修のねらい>

内部監査実施にあたっての基本事項の習得と各種監査項目のポイントを検証しながら、監査手続きを通じて内部監査担当者の資質向上と内部監査機能の一層の強化に資する。

<受講者の感想>

・信用部門の担当になったことが無く、帳票類を扱ったことがないので、自店検査チェックリスト、店舗項目の見 方と留意点の資料がとても参考になった。

・それぞれの部門における監査のチェックポイントが分かりました。

以  上

研修会トピックス(令和3年8月実施分)

研修トピックス(令和3年8月実施)

JAカレッジでは、本年8月に2つの研修をWebで開催しました。北海道では8月2日から新型コロナウィルス感染症改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受けて、急遽Web方式に切り替えました。
7月下旬から8月にかけては、全道で猛暑が続き、農作物の一部では干ばつ等の影響や、熱中症対策の徹底が求められるなか、両研修とも熱心に受講いただきました。受講者の感想の一部をご紹介します。

1.実施研修

               研修名    開催期間  受講者数
新採用職員フォローアップ研修第1回(Web)  令和3年8月5日~6日   18名
信用事業管理者・支店長研修(Web)  令和3年8月18日~19日      14名

(1)新採用職員フォローアップ研修 第1回(Web)

<受講者の感想>
・自分自身のコミュニケーションタイプが分かったので、今後、組合員さんとの会話で活用していきたい。
・私の知らない知識や考え方を学ぶことができた。
・Zoomでの研修になってしまいましたが、グループワークで他のJAの方と交流ができ良かった。
・リモートだったが、スムーズに意思疎通できた。
・他地区のJA職員と農業、農協の将来を考えるような研修に参加したい。

(写真:Web研修会場 松前講師)

(2)信用事業管理者・支店長研修(Web)

<受講者の感想>
たいへんためになる研修でした。Web研修でも充分でしたが、ブレイクアウトルームのメンバーとは、これがリアル研修であったら「すごかっただろう」と話をしました。

研修トピックス(令和3年6・7月実施)

研修部では令和3年6・7月にオンラインでのライブ研修を含め、9つの研修を行いました。

受講者から多くのコメントをいただきましたので、そのうちのいくつかを紹介させていただきます。

①課長研修Ⅰ 第1回(Web) (開催期間 令和3年6月22日~24日)(参加者数 26名)
<ねらい>チームリーダーとしての役割や求められる能力の全体像を捉え、メンバーを統率してチームとして日頃  から顕在化している課題に取り組み、問題を解決する力を養う。

<コメント>
・私を含めて受講者側も初めての経験で当初は操作に不慣れで時間が経過してしまった気がします。これまでのJA カレッジ研修は缶詰状態の研修で受講者同士の交流も含めた内容だったと思いますが、Web講習自体は大変良かったと思います。できれば講師を含めて参加された他JAに色々聞きたいこともあったのですが、Webに慣れれば簡単に交流できるのかなと思います。初めてのWeb研修と考えると良かったと思います。

②中堅層職員Ⅱ研修 第1回(Web) (開催期間 令和3年7月5日~7日)(参加者数 30名)
<ねらい>部下・後輩の主体性を引き出し、仕事を前向きに取り組めるよう支援する力を養う。

<コメント>
・グループワークが多く、他農協の色々な方の話を聞くことができ、刺激を受けた。良い体験ができた
・Zoomでの研修は初めてだったが、グループワーク等お互いの顔を見ながら他の人の考えが聞けて参考になった
・とても勉強になり、受講して良かった。WEB研修は初めてだったが良かった。ありがとうございました
・似た境遇の他の農協職員と問題や悩みについて意見交換ができて、大変有意義な研修だった
・今回WEBの研修だったが、大変円滑な対応だった。研修生の皆さんと直接交流できなかったのが残念である

③信用事業担当理事・部長研修(Web)  (開催期間 令和3年7月7日~9日 )(参加者数 25名)
<ねらい>金融検査・当局が見る観点を踏まえての金融機関に求められる内部管理態勢を学び、金融検査事例を通じてJAが指摘される項目、その項目で求められる態勢整備のレベル及び内容を学習する。また、不祥事件・不正を引き起こす要素を理解し、不祥事発見・抑止に向けた取り組み及び不祥事発生時の対応を習得する。

<コメント>
・テーマが絞られており、日常業務でここまで深堀りできないので有意義であった。
・コンプライアンスや検査、不祥事対応で実際にあった事例を交えてとても勉強になった。

④新任監事(1年目)研修 第1回  (開催期間 令和3年7月12日~15日)(参加者数 18名)
<ねらい>監事就任にあたり、改めて農業情勢やJAの概要・経営環境・法律関係並びに監査の要点について学習する。

<コメント>
・監事としてどういう立場で仕事を行うかがJA経営の上で大事な部分であることを理解でき参加して良かった
・他の地域の監事さんと交流する機会が無く残念だった
・目的をもって集まっているので研修生同士の意思疎通が早い。ネット講義にすればと思ったが、他JAの話が聞けて良かった

⑤人事管理基礎研修  (開催期間 令和3年7月14日~16日)(参加者数 19名)
<ねらい>人事管理の基本的知識を学びながら最近の人事管理制度の動向を学習する。またグループ演習を通して、自JAの人事管理制度を把握し、他JAとの事例比較によって、自JAの課題を確認していく。

<コメント>
・具体的な目標を設定することができていなかったことを痛感したので、部下と面接するとき注意しようと思った。考課者の目線をあわせる研修は、当JAでも行ったほうがいいと思った。
・部門ごとの課題と対策について意見交換を主体的にできる研修があると良い。

⑥毒劇物取扱資格取得準備講習会(Web)  (開催期間 令和3年7月16日、19日~21日)(参加者数 14名)
<ねらい>国家資格取得に向けて勉強中の職員を対象として、合格をより確実なものとするために実施します。詳細な解説による基礎的理解の向上と合わせ、徹底した演習に基づく弱点科目の発見と克服をねらい、さらに試験日までの学習ポイントを明確にします。

<コメント>
・短い時間で試験に合格できるようにテキストがまとめられ勉強がしやすかった。
・Zoomの受講は初めてで不安だったが、講師の説明が丁寧で安心して受講できた。パソコンの共有画面は対面受講よりも見やすいかもしれない。絶対に合格しようと思う。4日間ありがとうございました。
・Zoomは初めてだったが、受講しやすい環境だった。
・セクションごとに過去問の演習・解説を実施する流れが理解に役立った。「その日のうちに(復習)」というのはやはり大きい。

⑦女性職員キャリアアップ研修  (開催期間 令和3年7月19日~21日 )(参加者数 5名)
<ねらい> これまでのキャリアを振り返るとともに自分の役割を確認し、今後のキャリア形成について考えることによりモチベーション向上を図る。また自己や職場の問題を解決に導くために必要なスキルを学ぶ。

<コメント>
・考え方が変わったので、勉強になった。
・他JA職員と話ができ、よかった。
・ネガティブ思考が強い性格と自覚していたが、行動前の考えや感情を理解することで、ポジティブ思考を持ち合わせていることに気付くことができた。

⑧農業経営診断士養成研修  (開催期間 令和3年7月19日~21日)(参加者数 12名)
<ねらい> 北海道独自資格である農協職員資格認定試験「農業経営診断士」の取得を目指す方の資質向上に必要な知識・実務能力を習得する。

<コメント>
・研修参加できて良かったです。ありがとうございました。
・コロナ禍での対応、大変お疲れ様でした。

⑨財務管理実務研修  (開催期間 令和3年7月26日~29日)(参加者数 5名)
<ねらい> 財務分析(含む管理会計分析)の必要性と分析による手法・演習を通じ、受講JAの業務報告書に基づく財務分析表を作成する(除く、BISによる自己資本比率)。

<コメント>
・今回の研修は5名の参加者で、アットホームな中での研修でした。コロナ感染対策も十分に行われており、安心して受講できました。

 

令和3年度研修の新型コロナウィルス対応

 

「令和3年度研修の新型コロナウィルス対応」

 

研修部では、令和2年度の新型コロナウィルス対策を継続することを基本とし、新たに機器類を導入することでより充実した安全対策に取り組んでまいります。

 

1.入館時の水際対策

入館時の受講受付で、固定式の非接触型体温計で検温いたします。

数回測定しても37.5度以上の方は、恐れ入りますが研修に参加できません。

 

2.入室時の除菌対策

研修室に入室する際は、必ずアルコールで手と指の消毒をお願いいたします。

3.教室内除菌対策

二酸化炭素濃度計により室内の密状態を把握しながら、適宜換気を行います。

また、除菌機を使用して空気を清浄します。

4.受講中の飛沫感染対策

受講中は常に、マスクの着用をお願いします。

演者の前面をアクリル板で遮蔽します。

また、グループワーク時にはテーブルにアクリル板を設置するとともに、必要に応じてフェースガードも併用します。

※フェースガードは当校にて用意いたします。

5.宿泊部屋の感染対策

1人一部屋でご利用いただきます。

各部屋に加湿器を常設しましたのでご利用ください。

6.食堂の感染対策

入口に非接触型の消毒液を設置しておりますので、必ずご使用ください。

食事中は会話をせず、「黙食」を励行願います。

また、食事中、マスクは入口に用意した使い捨てマスクケースをご利用するなどして、テーブルやトレーへの直置きを避けてください。

対面席との密対策として、テーブルにアクリル板を設置しております。

7.共用施設のソーシャルディスタンス

食堂と浴場のスペースが限られているため、受講者が一定人数を超えるような場合には、学生と受講者で時差を設け交代でご利用いただく場合があります。

8.施設全体の抗菌対策

本校は抗ウィルス・抗菌のコーティングを施工しております。

次ページへ »